生漢煎防風通聖散(ボウフウツウショウサン)が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

ダイエットの悩み

お腹の脂肪を落とす方法【女性編!】

更新日:



お腹のポッコリが気になり始めると、「お腹の脂肪をどうにかしてなくしたい!」と思いますよね。

でも、辛い食事制限や厳しい運動を行うのは、気が引けるものです。

特に女性は、食べることが好きな人が多いし、運動があまり好きでない人も少なくありません。

 

そこで今回は、女性でも行いやすいお腹の脂肪を落とす方法をご紹介していきます!

お腹の脂肪をどうにかしたいと思っている女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

女性のお腹がポッコリしてしまう理由

女性のお腹はどうしてポッコリと出てしまいやすいのでしょう?

その理由がわかれば、お腹の脂肪を落としていくのに役立つはずです。

そこでここでは、その理由を詳しくご紹介していきますね!

骨盤が開きやすく戻りにくい

姿勢が悪いと、骨盤がひろがりやすくなってしまいます。

特に女性は、妊娠しているときに骨盤が歪んでしまったり、出産するときに大きく開いたりするので、骨盤がひろがりやすいという傾向があります。

 

ただ、出産をしても、4ヶ月くらい経てば骨盤のひらきは自然に戻るのですが、実は、正しい骨盤の状態に完全には戻らないこともよくあるのです。

そのため、骨盤は歪んだり開いたりした状態になってしまうでしょう。

 

また、姿勢が悪い場合は、内臓が圧迫されてしまうため、筋力が低下しやすいです。

加齢によっても筋力は下がってしまいますよね。

筋力が低下してしまうと、ひろがってしまった骨盤に内臓が溜まってお腹が出てしまうため、筋力を維持することが大切です。

お腹に内臓脂肪が付いている

お腹の脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があるって知っていましたか?

 

背筋を伸ばして立ち、お腹に力を入れてからお腹を指でつかんでみてください。

このときにお腹をつかむことができた人は、皮下脂肪が付いているということです。

皮下脂肪については、後で詳しくご紹介していきますね。

 

お腹をつかむことができなかった場合は、内臓脂肪が付いています

内臓脂肪は、肝臓や腸などの内臓に付く脂肪になります。

お腹に内臓脂肪が付いている場合は、メタボの傾向があります。

 

ただ、内臓脂肪は、男性のほうが女性よりも付きやすい人が多いようです。

体型がまるでリンゴみたいに見えるので、リンゴ型肥満と言われています。

 

内臓脂肪がお腹に付くと、スタイルが悪く見える以外に、糖尿病や高血圧などの色々な生活習慣病を生じる可能性が高まってしまうので注意が必要ですね。

お腹に皮下脂肪が付いている

では次に、お腹に付く皮下脂肪についてご紹介していきますね。

皮膚の下に付いた脂肪が、皮下脂肪になります。

皮下脂肪は、お尻、腰周り、下腹部などに特に付きやすい脂肪になります。

なので、皮下脂肪が付いている人は、上半身は普通に見えても下半身が太っている人が多いという傾向があります。

 

皮下脂肪がお腹に付くと、まるで洋ナシみたいな体型に見えるので、洋ナシ型肥満とも呼ばれています。

ダイエットなどを行って体脂肪が少なくなる場合は、最初に内臓脂肪から減っていき、次に皮下脂肪が減っていきます。

なので、皮下脂肪がお腹に付いてしまうと、取り除くのが難しくなってしまうでしょう。

正しい姿勢を間違えている

さきほど姿勢が悪いと骨盤がひらきやすくなったり筋力が低下しやすくなったりするので、お腹がポッコリしやすいということをお伝えしました。

姿勢を良くすることは、お腹に脂肪が付かないようにするためにとても重要なことになります。

 

ただ、背筋を伸ばして姿勢を良くするときに、よく腰を反らせてお尻を突き出しがちですが、これは良い姿勢だとは言えないので気をつけてくださいね。

この姿勢になってしまったら、カラダの重心が後ろになってしまうため、筋肉のバランスに左右して脂肪が付きやすくなってしまうので、正しい姿勢を心がけて安定した重心を保つようにしていきましょう。

 

姿勢が良くなると、お腹に脂肪が付きにくくなるだけでなく、他人からの印象も良くなります。

姿勢美人という言葉もあるように、姿勢は顔立ちよりも人の印象を決めてしまうところがあるので、ぜひ姿勢美人を目指してみてくださいね。

 

毎日の食生活でお腹の脂肪を減らそう!

食事は毎日するものなので、その食生活をちょっと変えてみるだけで、お腹の脂肪を減らすことにつながります。

では、どのようなことをしていけばダイエットにつながるのかご紹介していきますね!

栄養バランスが整った食生活

お腹の脂肪を落とす方法として、脂肪を燃焼させることが大切です。

脂肪を効率良く燃焼するには、毎日の食生活で糖質の摂取を抑えて、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどをバランス良く摂取していくようにしましょう。

 

お腹の脂肪を落とす方法として、特におすすめの食べ物を下記にご紹介しておきますね。

  • 中性脂肪を取り除く効果のあるオメガ3脂肪酸が含まれた青魚
  • 質の良いタンパク質が含まれている魚や肉
  • 豊富な食物繊維が含まれているキノコ類
  • 脂肪の燃焼をサポートするにんにく、唐辛子、コショウ
  • 悪玉コレステロールの減少に働きかけるナッツ
  • 主食には血糖値の上昇を抑える低GIの玄米、全粒粉パン、ライ麦パン

毎日の食生活に上記の食材を取り入れるように意識して、お腹の脂肪を落としていきましょう。

ちなみに、漢方を毎日の生活に取り入れていくのもおすすめです。

漢方を摂取すると血行も良くなるので、脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエット効果が発揮されやすくなるからです。

食事の量を減らす

普段食べている食事の量を減らすことも、お腹の脂肪を落とす方法になります。

でも、「どれくらい食べる量を減らしたらいいの?」と疑問に思いますよね。

 

食事を減らし始めた頃は、普段食べている量の80%くらいを食べるようにしてみてください。

そして、それを1週間くらい続けて、体重がどれくらい減るかチェックしてみてくださいね。

体重に変化がなければ、食べる量を少しだけさらに少なくしていきましょう。

 

ここでポイントなのが、一気に食事の量を少なくしないということになります。

どうしてかというと、突然食事の量や摂取カロリーを大幅に減らすと、脳がカラダが飢餓に陥ったと思うので、カロリーをできるだけ消費しないように働きます。

その結果、ダイエットがスムーズにいかなくなり、もし体重が減ったとしてもリバウンドしやすくなってしまいます。

 

そのため、食事の量や摂取カロリーは少しづつ減らしていき、カラダを慣らしていきましょう。

また、突然食事の量を大幅に少なくしてしまったら、胃がお腹いっぱいだと感じることができなくなってしまうので、ストレスを感じてしまいます。

すると、空腹に我慢できなくなって、一度にたくさん食べてしまうこともあります。

 

せっかくのダイエットを無駄にしないように、徐々に食事の量は少なくしていってくださいね。

油分を取り過ぎない

油っぽい物や揚げ物などをよく好んで食べる人は、脂質を取り過ぎないように気をつけてください。

油分を取り過ぎてしまうと、お腹に脂肪が付く原因になってしまいます。

 

ただ、お腹の脂肪をどうにかしたいからと言って、あまりにも脂質を減らしてしまうのもNGです。

脂質を摂取する量があまりにも減ってしまうと、集中力が低下したり疲れやすくなったりしてしまいます。

適量の良質な油分を摂取するように心がけていきましょう。

 

食事の仕方に工夫をする

いつもの食事の食べ方を見直してみるだけで、お腹の脂肪を落とす方法になります。

食事内容を変えたり食事の量を減らしたりすることなく、お腹の脂肪に効果的なダイエットとなるので、食べるのが好きな女性にとっては嬉しい方法ですね!

1日3回の食事のバランスを考える

食事は、1日3食きちんと食べることが大切です。

特に、朝食を食べない女性は多いですよね。

でも、朝食を食べなかったら、ランチや夕食で食べ過ぎることがよくあるので、朝食はきちんと食べるようにしましょう。

 

また、理想的な摂取カロリーは、朝食が一番多く、次にランチ、そして夕食が一番少ないカロリーにすることです。

朝食やランチは、1日の活動のために消費するカロリーになります。

そのため、しっかりと食べても問題ないでしょう。

 

ただ、夕食をガッツリと食べるのはNGです。

夕食を食べた後は、何も活動することなく就寝する人がほとんどですよね。

そのようなときにたくさん食べてしまうと、エネルギーがカラダに溜まってしまうので、太る原因になってしまいます。

 

夕食は、朝食やランチよりもたくさん食べてしまうことが多いです。

でも、夜に食べる夕食は、できるだけ少なくするように配慮して、お腹の脂肪を落としていきましょう!

順序を意識して食べる

食事をするときに、食べる順序って気にしたことがありますか?

実は、普段食べている順序を下記のように変えれば、お腹のポッコリを改善する効果が期待できるのです。

では、さっそくどのような順序なのか見ていきましょう!

食べる順序

  1. 水分で満腹感を得るために、最初にお味噌汁やスープなどの汁物を食べましょう。後から食べる量を減らすことができます。
  2. 食物繊維が豊富な野菜、海藻、きのこ類を中心に食べていきます。血糖値が上がるのを抑えることができます。
  3. メインの魚や肉を食べましょう。
  4. 炭水化物を最後に食べます。この時点ですでに満腹感を感じているため、炭水化物の食べ過ぎを防止できるでしょう。

お腹が空いている状態で炭水化物を食べてしまうと、血糖値が急に上がるため、お腹に脂肪が付きやすくなってしまうのでNGです。

チャーハン、丼、ラーメン、うどん、などをランチや夕食に食べるときは、サラダや汁物などをプラスしてまずはサラダや汁物から食べるようにしていけば、炭水化物の摂り過ぎを抑えることができますね。

食事はよく噛んでゆっくりと

食事をするときによく噛むことは、ダイエットにとっても健康にとってもとても大切です。

食事を始めてから満腹感を得るまでに20分くらいかかります。

なので、よく噛むことなく急いで食事をしたり早食いをしたりすると、満腹感を得るまでに食べ過ぎることになってしまうでしょう。

 

30回噛んで飲み込むことを意識しながら、食事をすることをおすすめします。

そうすれば、ゆっくりと食べることができ、いつもよりも少ない食事量で満腹感を得ることができるので、お腹の脂肪を落とす方法にもなりますね。

できるだけ硬い物を食べるようにすると、たくさん噛むようになるのでぜひ試してみてくださいね。

 

また、食事のときによく噛むようにすれば、顔や顎の筋肉をいつもより使うようになるので、小顔効果や二重アゴの改善効果も期待できます。

よく噛むと、女性に嬉しい効果がたくさんありますね!

 

セルフマッサージでお腹の脂肪を落とす

お腹の脂肪を落とす方法として、女性でも手軽にできるマッサージの方法をご紹介していきますね!

やや強めの圧を時計回りに行っていくマッサージになります。

お腹痩せが期待できるマッサージなので、ぜひ試してみてくださいね。

お腹痩せマッサージの手順

  1. 両手を握って、拳を作りましょう。
  2. 拳でお腹の周りを軽く叩いてください。
  3. お腹全体を押して、緊張して固まっている皮膚をほぐしていきましょう。
  4. お腹のお肉を両手で掴んで、揉んでください。
  5. おへその周辺を、強めに指で時計回りに押していきましょう。
  6. 手のひらで、円を大きくしながら押します。
  7. 脇腹のお肉を、おへそへと強く押し流しましょう。
  8. おへそ下部からお肉を押し上げ、鼠蹊部へと流したらマッサージの終了です。

文字で読むと少し面倒に感じるかもしれませんが、実際に行ってみると簡単にできるマッサージになります。

マッサージを始めた頃は、便秘がちな場合はややお腹が硬いこともありますが、マッサージを継続していけば徐々に柔らかくなっていくので安心してくださいね。

このマッサージを行えば、お腹周りが痩せて便秘も改善するでしょう!

 

まとめ

お腹の脂肪を落とす方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

特に女性は、いつまでたっても美しいスタイルをキープしたいものですよね。

 

毎日の食事の仕方を見直したり、正しい姿勢を意識したり、セルフマッサージを行ったりすると、お腹の脂肪を落とすことにつながります。

また、脂肪が燃焼されやすくなる漢方もプラスすれば、相乗効果でさらにダイエットの効果がアップするので、漢方も取り入れてみると良いでしょう。

 

ポッコリお腹がなくなれば、スタイルに自信が持てるようになるしオシャレの幅も広がるので、ぜひスッキリしたお腹を目指してみてくださいね!

 

*お腹のダイエットにも効果絶大の防風通聖散の効果効能をチェックしよう!

必見!
防風通聖散の効果効能!効果を発揮する飲み方があります!

防風通聖散は、漢方の長い歴史の中でも古くから活用されている漢方薬です。 民間でも親しまれていますが、第2類医薬品に分類さ ...

続きを見る







よく読まれている記事

-ダイエットの悩み

Copyright© 【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.