生漢煎防風通聖散(ボウフウツウショウサン)が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

ダイエットの悩み

女性のビール腹を治す方法!筋トレもしてすっきり美ボディになろう!

更新日:



「ポッコリしたお腹をどうにかしたい!」とビール腹に悩んでいる女性は、けっこう多いです。

そして、自分なりにお腹をへこませようと努力はしてみるものの、なかなかお腹がへこまなくて悩んでいる女性も多いようです。

そこで今回は、女性がビール腹になってしまう理由や女性のビール腹を治す方法などについて、詳しくご紹介していきますね!

 

女性がビール腹になる理由

ビール腹というと男性のぽっこりしたお腹をイメージしがちですが、女性でもビール腹になっている人は少なくありません。

女性のビール腹を治す方法をご紹介していく前に、まずは、どのような理由でビール腹になっていくのかみていきましょう!

ビールをたくさん飲む

ビール腹になるのは、ビールが理由だけではありません。

しかし、ビール腹と呼ばれていることもあり、ビールが大好きでよく飲む人がビール腹になってしまうことが多いです。

 

特に、周りの人からビール腹と言われたことがある人や、自分の姿を鏡で見たときに「やばい、ビール腹になっている!」という人は、ビールをたくさん飲み過ぎているという傾向があります。

 

1グラムのアルコールには7kcalもあるので、ビールのカロリーを計算してみると、ビールを100ml飲む場合は39.9kcalのカロリーを摂取することになります。

もっと詳しくビールのカロリーを見ていくと、缶ビール350mlを飲むと140kcalくらい、そして中ジョッキ500mlを飲むと約210kcalくらいのカロリーを摂取することになるのです。

 

ただ、ビールは他のアルコールよりもカロリーは少なめとなっています。

でも、たくさんビールを飲んでしまうと、やはり太ってしまいお腹が出てしまうでしょう。

 

ちなみに、中ジョッキを夜に3杯以上飲む人は、630kcalくらい摂取することになるため、ビール腹になりやすいので気をつけてくださいね。

このカロリーの摂取量は、和食の定食を食べたときのカロリーと同じくらいです。

 

さらに、ビールには100mlごとに3gくらいの糖質も入っているので、ビールを飲みすぎてしまうと太るというのも納得できますね。

つまみをたくさん食べる

ビールを飲むときに、つまみを食べる人も多いです。

実は、このつまみを食べ過ぎてしまうと、ビール腹になってしまうことがよくあるのです。

 

ビールだけを飲み続けて、つまみを食べないという人はあまりいません。

でも、適度につまみを食べるのなら問題はないのですが、カロリーの高いつまみを食べ過ぎするのはNGです。

 

特に、脂っこい物、炭水化物であるご飯や麺などは、ぽっこりお腹の原因となりやすいです。

ビールはカロリーが高い食べ物によく合うので、つい食べ過ぎてしまわないように気をつけてくださいね。

 

さらに、ビールのアルコール度数は7%くらいなので、食欲を増加するのに適したアルコール度数となっています。

ビールの炭酸も、食欲を増加する働きがあります。

なので、ビールを飲むと何か食べずにはいられないのかもしれませんね。

エクササイズをしない

定期的に適度なエクササイズは行っていますか?

実は、エクササイズをしない人も、ビール腹になりやすいです。

 

ビールを飲んだりつまみを食べたりしてカロリーをやや摂取しすぎたとしても、適度なエクササイズを定期的にしていると、摂取したカロリーを消費することができるので、そんなに簡単には太りません。

でも、普段エクササイズを全くしていない人は、摂取したカロリーが消費されることなくカラダに溜まってしまいます。

 

特に男性は、脂肪が下腹部から溜まってしまいます。

そのため、すぐにビール腹になりやすいです。

でも、女性もカラダ全体に脂肪が溜まってしまうので、次第にビール腹になっていくのです。

 

内臓脂肪が溜まるとビール腹に!

ビール腹と聞くと、ビールをたくさん飲む男性のぽっこりしたお腹を想像する人が多いようです。

でも、実際には、ビールの飲み過ぎからビール腹になっているというだけではないのです。

 

ビール腹とは、ビールの樽みたいなスタイルの人のことを言います。

ビールは、昔は大きな樽で保存されていたのですが、この樽は中央が大きく膨らんでいました。

なので、そこからビール腹と言われるようになったというわけです。

つまり、ビールを飲まない人も、ビール腹と言われることがあるということですね。

 

お腹周りには、内臓脂肪と皮下脂肪があり、お腹は脂肪がつきやすい部位となっています。

内蔵脂肪とは内蔵の周りに溜まる脂肪のことで、皮下脂肪とは皮膚の内側に溜まる脂肪のことを言います。

 

ビール腹の人は、内臓脂肪が溜まっています。

内蔵脂肪が多くなるとメタボになる確率が上がるので、スタイルが悪くなる以外に健康にもダメージが与えられてしまいます。

どうして内臓脂肪が溜まるの?

内臓脂肪が溜まるとビール腹になるということをご紹介してきましたが、「どうして内臓脂肪が溜まってしまうの?」という疑問がある人もいると思います。

実は、カロリーを摂取する量がカロリーを消費する量よりも増えてしまうと、内臓脂肪が溜まってしまうのです。

 

残念なことに、加齢とともに基礎代謝は下がってしまうため、中高年は内臓脂肪が溜まりやすくなります。

代謝が下がってしまったら、今までと同じ食事の量では、摂取カロリーのほうが消費カロリーよりも多くなるため、残った摂取カロリーが脂肪としてカラダに溜まってしまいます。

 

女性は皮下脂肪が溜まりやすいという特徴があるので、ヒップ、二の腕、太もものようなカラダの柔らかい箇所に脂肪が溜まりやすいです。

逆に男性は、内臓脂肪が溜まりやすいという特徴があるので、お腹周りに脂肪が溜まりやすくなります。

なので、男性のほうがビール腹の人が多いという傾向があります。

内臓脂肪は除去しやすい?

加齢とともに代謝が下がってしまうため、「脂肪が溜まるのはどうしようもないのかも」と考える人もいるかもしれないですね。

でも、内臓脂肪は溜まりやすいけど除去しやすいので、皮下脂肪を除去するよりも楽に取り除くことができます。

 

では、内臓脂肪の取り除き方をご紹介していきますね!

  • 基礎代謝をアップする
  • エクササイズを行って脂肪を燃焼する
  • カロリーの摂取量を少なくする

ダイエットをするときと同じような感じです。

内臓脂肪は除去しやすいという性質があるため、ビール腹は改善される可能性が高いというのは嬉しいですね。

ビール腹の改善までにかかる期間

ダイエットをしていると、どれくらいの期間で痩せることができるのか気になりますよね。

エクササイズを頑張ったり、食事制限を行ったりしているのに、ビール腹がへこまなければ継続していくモチベーションが下がってしまいます。

 

エクササイズの量と摂取するカロリーの量で、どれくらいの期間でお腹がへっこむのかは異なってきます。

また、体質は人によって違うので、内臓脂肪が付きにくい人は効果を早く感じることができるでしょう。

 

さらに、筋肉量が少ない場合は効果が出るまでに時間がかかるし、逆に筋肉量が多い場合は代謝が良いので効果が出るのが早くなります。

つまり、本人のエクササイズの量や筋肉量によって、内臓脂肪が燃焼される量が違うということなので、効果が出るまでの期間も違うということなのです。

 

なので、筋肉量がない場合は、まずは筋肉量をアップすることから開始となるので、筋肉量がある人よりもお腹がへこむのに時間がかかってしまうでしょう。

アルコールの摂取は控える

普段アルコールをたくさん摂取する人は、ビール腹になりやすいです。

アルコールを摂取したら、アルコールを対処することに肝臓が専念するため、脂肪が分解されなくなってしまうからです。

つまり、アルコールの摂取をしなければ、肝臓がスムーズに脂肪を分解できるため、ビール腹にはなりにくいということですね。

 

アルコールを摂取した後は、ラーメンなどを食べる人も多いですよね。

この行為も、内臓脂肪が溜まってビール腹へ進むプロセスとなってしまいます。

 

「アルコールを全く摂取しないというのは、ストレスになってしまう!」という人もいるでしょう。

でも、内臓脂肪が溜まりにくいボディを目指すには、アルコール以外の趣味を探すことが大切ですね。

 

女性がビール腹になるワケ

女性でもビール腹になる人はいますが、「本当に女性もビール腹になるの?」とか「ビール腹になるのは男性だけなのでは?」と思っている人も、まだいるかもしれませんね。

そこでここでは、女性がビール腹になる理由についてご紹介していきますね!

女性と男性の脂肪の溜まり方の違い

女性と男性は、カラダの脂肪の溜まり方が異なります。

男性は、内臓を覆っている腹膜に脂肪が溜まりやすく、女性は、皮下脂肪に脂肪が溜まりやすいです。

つまり、男性はお腹から太りやすく、女性はカラダ全体が太りやすいということになります。

 

腹膜とは、肝臓や胃などの臓器を覆う薄い半透明の膜で、この膜に脂肪が溜まると下腹部がぽちゃっとするので、男性は女性よりもビール腹になりやすいところがあります。

女性は、妊娠したときにカラダを温めて胎児を保護するために、皮下脂肪に脂肪が溜まりやすくなっているということです。

ビール腹を気にしている女性は多い

さきほど、女性は男性よりも下腹は出にくいということをお伝えしましたが、だからと言って女性がビール腹にならないというわけではありません。

 

ネットで検索してみると、「ビールが大好きだから女なのにビール腹になって困っています」とか、「アルコールをたくさん飲むからポッコリお腹になったので、ダイエットを始めました」というように、ビール腹を気にしている女性がたくさんいることがわかります。

 

でも、本当はお腹だけでなく全体的にぽっちゃりしていることや、男性ほどお腹が出ていないということがよくあるようです。

もちろん、お腹のみポッコリと出ている女性もいます。

でも、女性が男性のようなビール腹ということは、そんなにはないようですね。

 

女性のビール腹の改善方法

では、ビール腹を改善する方法をご紹介していきます!

今すぐにでも始めることができる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

カロリーの少ないビールに変更

ビールには、様々な種類があります。

たとえば、一般的なビールよりも少ない糖質で作られている糖質オフビールなどです。

ビールを飲むなら、できるだけカロリーや糖質が少ないものにすると、ビール腹を治していくことができるでしょう。

 

アルコールが含まれていないノンアルコールビールもおすすめです。

ノンアルコールビールなら、カロリーがふくまれていないものもたくさん販売されているので、ダイエットに適していますね。

 

ビールを飲むことを止めることができなくても、上記のようなビールを選ぶようにすれば、摂取カロリーが少なくなるのでビール腹に効果的です。

つまみを工夫する

ビールを飲むときにつまみが必要な人は、カロリーが高い油っぽいつまみは控えて、できるだけカロリーが低いものを食べるようにしてくださいね。

 

噛みごたえがあり高タンパク質で低カロリーのつまみが、ビール腹を改善するためにベストのつまみになります。

噛みごたえがあるつまみなら、よく噛むことによって脳にある満腹中枢に刺激を与えることができるため、満腹感を得やすくなって食べ過ぎを防ぐことができます。

 

また、食物繊維が豊富なサラダを食べてからビールを飲むようにすれば、血糖値が急激に上がるのを防ぐことができるので、ビール腹の予防や改善につながるでしょう。

筋トレでお腹を鍛える

エクササイズをすることも、ビール腹を改善するのに効果的です。

女性でも頑張って腹筋などを行えば、ぺたんこのお腹を目指せます。

 

筋トレは、体脂肪を燃焼するのにとても効率的なので、ビール腹を治すためにおすすめの筋トレを次にご紹介していきますね。

また、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動もプラスすると良いですね。

 

筋トレでビール腹を治して美ボディに!

ではさっそく、ビール腹を改善するためにおすすめの筋トレをみていきましょう!

内臓脂肪をなくしてお腹をへこます効果が発揮されやすい筋トレをご紹介していきますので、自分ができそうなトレーニングから試してみてくださいね。

クランチ

クランチとは何かというと、ほとんどの人が知っている腹筋のことになります。

ダイレクトにお腹周りに効果が出るため、ビール腹を改善するためにぜひ取り入れてもらいたいトレーニングの一つです。

レッグレイズ

レッグレイズは、けっこうキツいトレーニングになるので、しっかりとお腹が鍛えられます。

仰向けに寝転んで頭上に腕を置き、足を宙に浮かせるトレーニングになります。

プランク

両腕と足で、ボディを支えるトレーニングになります。

一見、「これなら楽にできそう!」と思えるのですが、実際にはレッグレイズと同様にキツいトレーニングなので、腹筋が鍛えられます。

 

血流を良くする漢方薬もオススメ

脂肪がカラダに吸収されるのを抑えたり、脂肪の燃焼効果をアップさせたりする漢方薬は、古来から使用されてきています。

よく知られている漢方薬には、防風(ボウフウ)、黄ごん(オウゴン)、生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ)、大黄(ダイオウ)、
石膏(セッコウ)、山梔子(サンシシ)、芍薬(シャクヤク)、当帰(トウキ)、滑石(カッセキ)などがあり、他にも有名な漢方薬がたくさん販売されていますね。

 

漢方薬を摂取すると、血行が良くなり必要のない水分が外に出されるので、便秘も解消されていきます。

漢方薬を摂取すれば、カラダのバランスが整えられて脂肪が燃焼されやすくなり、痩せやすくて太りにくい体質へと変わっていくので、漢方薬の摂取もビール腹を治すためにおすすめです。

 

ビールをよく飲む女性でお腹が出ている女性は、スタイルを気にする人が多いですが、実際にはスタイルが悪くなるだけでなく健康にも悪影響となるので、ビール腹はできるだけ早く改善するに越したことはありません。

 

ビール腹に悩んでいるたくさんの人が、食生活に気を配ったり、エクササイズを取り入れたり、ビールを飲んだらしばらくは就寝しないように心がけたりしていますよね。

でも、これらのことを頑張ってもビール腹がなかなかへこまなくて、悩んでいる人も少なくないようです。

そんなときに試してみて欲しいのが、漢方薬になります。

 

防風通聖散という漢方薬は、18種類の生薬が配合されていて、お腹に溜まった脂肪を燃焼する働きがある漢方薬として知られています。

18種類の生薬の一部をご紹介すると、トウキ、キキョウ、シャクヤク、オウゴン、ハッカ、カンゾウなどになります。

 

ビール腹は、食べた栄養がしっかりと消化されていないことが原因で、お腹に脂肪が溜まってできてしまいます。

濃い味付けの食事や辛い食べ物を頻繁に食べている場合は、胃腸が盛んに働いて胃に熱が止まってしまうため、脂肪が燃焼されにくくなってしまうのです。

また、食事の量が多いと便秘になりやすいため、脂肪がなかなか燃焼されなくなります。

 

でも、漢方薬に配合されている生薬は、カラダの代謝をアップして便秘を解消します。

そして、清熱や利尿の効果もあるので、ビール腹を治していく効果が期待できるのです。

 

漢方薬は、毎日、朝、昼、晩の食前か食間に、水かお湯と一緒に摂取するようにしましょう。

水かお湯と一緒に摂取する理由は、漢方薬の成分がカラダに吸収されやすいからです。

カラダに成分がしっかりと吸収されれば、ビール腹も改善されやすくなりますね!

 

まとめ

女性のビール腹を治す方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ビールを飲むときのつまみの工夫、カロリーの少ないビールを選ぶなど、ビール腹の改善方法は色々とありましたが、特に効果的なのがビール腹を改善するための筋トレです。

また、血流を良くして基礎代謝をアップし、痩せやすくて太りにくい体質へと改善していく漢方薬もおすすめです。

 

筋トレと聞くと躊躇してしまう女性もいるかもしれませんが、筋トレと漢方薬を併用すれば、それらの相乗効果でビール腹の改善効果がアップするはずです。

全ての筋トレをこなすのではなく、まずは自分ができそうなものから始めてみると良いかもしれませんね。

 

スッキリ美ボディを目指すために、ビール腹を改善するためのトレーニングを頑張っていきましょう!

 

*ぽっこりしたお腹にも効果絶大の防風通聖散の効果効能をチェックしよう!

必見!
防風通聖散の効果効能!効果を発揮する飲み方があります!

防風通聖散は、漢方の長い歴史の中でも古くから活用されている漢方薬です。 民間でも親しまれていますが、第2類医薬品に分類さ ...

続きを見る







よく読まれている記事

-ダイエットの悩み

Copyright© 【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.