生漢煎防風通聖散(ボウフウツウショウサン)が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

便秘のお悩み

便秘を放置するとヤバイ!正しい食事と漢方で早く治してしまおう!

更新日:



便秘、ツライですね!

デトックスの代表が「排便」ですから、溜め込むと痩せにくい体質にもなってしまいます。

憎き便秘を改善するにはどうしたらいいかをじっくりお話しますので、最後までしっかりと読んで改善していきましょう!

 

便秘の定義とは?

3日くらい出ないと自分は便秘だ…と思っている人は多いですが、一概には言えないんですよ。

3日出なくても、3日目でどっさりたっぷり出て「あースッキリした!快調♪」と思うなら、それは便秘ではありません。

それがあなたのリズム、ということになります。

 

反対に、毎日出ていても「たっぷり出ないし残便感もあるし…なんかすっきりしない」と思うならそれは便秘です。

また、固くてなかなか出なくて、トイレで5分以上待たないと出ないのも便秘と言えるでしょう。

便秘の定義

  • 毎日出ていても量が少なくスッキリできないなら便秘
  • 便が固く出すのが困難
  • 排便リズムがバラバラ

この定義を参考に、自分の便秘を判断してください。

現在、スッキリできているのに便秘だと思い込んでいろいろやると、せっかくの自分のリズムを崩してしまうことにもなりかねません。

1回につき、バナナ2本分くらいの量が出ていればOKです。

3日くらい溜まる人でもそのくらい出ていれば、とりあえず循環はうまく行っていると思っていいでしょう。

 

あなたの便秘はどの種類?

便秘には種類があるのを知っていますか?

場合によっては、すぐにでも病院で診てもらったほうがいい便秘もあります。

まずは便秘の分類を見て、自分の便秘が危険なものでないかを確認しておきましょう!

機能性便秘(よくある便秘)

便秘の方の約9割は「機能性便秘」だと言われています。

機能性便秘には「急性便秘」と「慢性便秘」があります。

急性便秘

急性とは病気ということではなく、状況によって急に便秘が発生することを言います。

本当によくあることなんですが、汗をかいたのに水分補給が少ないだけでも便秘は起こりますし、ダイエットで食べる量が少なくても便秘は起こります。

 

また、お肉を食べすぎても腸内環境が悪くなるので便秘になりやすいですし、転職や新学期、結婚、引っ越しなど環境の変化によるストレスでも便秘は起こります。

 

腸は結構デリケートな臓器で、自分のちょっとした不注意が急性の便秘を引き起こしてしまいます。

慢性便秘

慢性便秘は、何かのきっかけで起こった急性便秘を慢性化させてしまった場合が多くなります。

3日以上出ないのが当たり前になり、やっと出してもカチカチで、下剤や浣腸を使わないと出すのが困難になっているパターンが多いです。

何日かぶりに出してもスッキリすることは少なく、残便感に悩んでいる人もたくさんいます。

 

慢性便秘は主に以下の種類があります。

弛緩性便秘 腸のぜん動運動が弱くなったり、腸の筋力そのものが弱まって起こる便秘です。高齢者や出産後の女性に多い傾向です。
痙攣性便秘 腸が痙攣することにより便がほぐされ小さな塊となるためぜん動運動もうまく起こらずに発生する便秘です。コロコロ便になるのが特徴。下痢になる場合もあります。ストレスが主な原因と言われています。
直腸性便秘 便は直腸まで来ているのに排便のタイミングを逃すことが多いと、直腸にある排便センサーが壊れて排便欲が起こらなくなる便秘です。直腸瘤を引き起こすこともあります。トイレを我慢しがちな人がなりやすい便秘です。

これ以外にも、下剤性便秘というものもあります。

便秘がちで下剤をよく使う人がなりやすい便秘です。

 

下剤(特にコーラックなどの刺激性下剤)は使っているうちに腸が機能を果たさなくなります。

これは自律神経を無視して薬で動かし続けた副作用なのですが、腸が動かなくなるので下剤がないと出すことができなくなります。

 

下剤性便秘は早めに病院へ行かれたほうがいいでしょう。

病院の指示に従い、下剤がなくても出せるように排便指導を受けます。

下剤性便秘を甘く見ると最後は人工肛門まで事態は悪化しますので、下剤依存の方は早めに断ち切ったほうがいいでしょう。

器質性便秘(病院へ行ったほうがいい便秘)

器質性便秘は「腸に何らかの異常があり便秘になっているもの」を指します。

大腸がんやポリープなどがあり便が通りにくいとか、生まれつき腸の長さなどに問題があって便秘になっている場合などがあります。

生活も全て改めて完璧に対策をしているつもりなのになぜか便秘が治らないという方は、一度病院を受診なさってはいかがでしょうか?

大腸がんについて

男性の死因第3位、女性の死因第2位と、罹患する人がとても多い大腸がんですが、大腸がんで亡くなる人が多い要因に「発見が遅れる」という特徴があります。

大腸がんは発生時には自覚症状はなく、静かに進行するガンです。

日本人は、S字結腸と直腸にガンができやすいと言われていて、ガンが大きくなった頃には血便が見られるようになります。

 

しかし、これも日本人に多い「痔」と勘違いして受診が遅れることが多いのです。

便秘がちで血を見た時はすぐに病院です。

素人では痔なのかガンなのかの区別は付きません。

日頃から便秘が気になっていて、おしりから血が出たらすぐに病院!と覚えておきましょう。

 

もしかしたらその便秘…病気の兆候かも!

機能性便秘というよくある便秘と、器質性便秘という病気による便秘があることがわかりましたね。

その他にも、器質性便秘には含まれませんが、病気により発生する便秘があります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の方は最近本当に多いですね!

過敏性腸症候群は精神的なストレスで腸が敏感な状態になり、不規則な動きをして便秘や下痢を引き起こします。

 

腸には「セロトニン」という幸福ホルモンを分泌する働きがありますが、ストレスをかぶると本来なら脳のセロトニンがストレス緩和のために反応しないといけないんです。

それがどういうわけか、ストレスがお腹のセロトニンを刺激してしまい、セロトニンが分泌されてしまいます。

 

腸でのセロトニンはぜん動運動を司っています。

分泌が過剰だと、腸が激しく動くことになるんですね。

その影響で下痢や便秘になると言われていますが、過敏性腸症候群の原因はまだハッキリとわかっていません。

 

治療は、腸への直接的な治療ではなく、ストレスの受け方を矯正するためでしょうか、専門の科は「心療内科」となっています。

症候性便秘

糖尿病やパーキンソン病、更年期障害などでも便秘が起こりやすくなります。

これらの病気を持っていたり家族に罹患した人がいるなど、心あたりがある方は、一度病院に相談なさったほうがいいでしょう。

薬剤性便秘

腰痛や頻尿、うつ病などの薬に「便秘をしやすいもの」があります。

特にうつ病の抗うつ剤は、中止すると危険な場合がありますので自己判断は禁物です。

かかりつけ医に便秘であることを相談しましょう。

問題のない下剤などを処方してもらえるでしょう。

 

日常の生活で便秘になりやすい要因

次に便秘になりやすい生活習慣を見ていきましょう!

原因を知らないと解消できるものも出来ません。

これらの要因を解消していくことで、長年の頑固な便秘があっさり治る人もいるのです。

便意を我慢する

便意を我慢してはいけません

…とは言っても、会社などで行くことができない人は多いと思います。

私も無理です…外ではトイレで大をするなど考えられません。

 

でも私は便秘ではありません。

便意を感じたその日のうちに、家に帰ったら必ず出すようにしています。

毎日便意を感じるわけではありませんが、私は便秘ではありません。

 

便意のタイミングを逃したとしても、その日のうちにトイレに座るんです。

便意がなくても、肛門まで降りてきている便はトイレでする気になれば出ます

 

次に便意が来るまで…と待たずに先に出していくことが大事です。

水分不足

人は一日に約2リットルの水分が体から抜けていくと言われています。

汗、表皮のうるおい、尿などで2リットルが失われています。

いつも飲んでる量はどのくらいですか?せいぜい1リットルくらいでしょう?

便秘で大変ということは、1.5リットル飲めている人は少ないと思います。

 

毎日補充する水分が少ないと、体内は常に水分不足なんです。

そして水分は汗や尿に優先に使われて、腸に回ってくる水分は一番後回しにされます。

腸に水分が回ってこないと便は固くなるだけです。

 

1日最低でも1.5リットルは飲みましょう。

できれば2リットル。

便を固くせずにスムーズに出ていくようにすることと、肌のうるおいに水分は欠かせませんので、美容面を重視するなら水分量を適当に考えてはいけませんよ。

食生活

肉や揚げ物、お菓子、お酒ばかり飲食してませんか?

みんな大好きなこれらの食べ物は腸内の悪玉菌を増やします

悪玉菌が増えると腸が弱ってきて、やがて動きが悪くなり便秘や下痢などを引き起こすんです。

 

食事は、穀物や野菜などを中心に、タンパク質は鶏肉や魚、卵、大豆などで摂るようにしましょう。

発酵食品を増やすのも有効です。

ヨーグルトを食べる習慣をつけるのもいいですが、カロリーが高いし日本人の腸には合わない場合も多いので、やはり日本古来の漬物を食べるほうが確実ではあります。

運動不足

運動不足は腹筋を弱めて便を押し出す力が低下しますし、腸の動きも悪くなり、便秘しやすい体を作ります。

便秘のための運動はそれほど激しいものは必要ありません。

ウォーキングやスクワット、縄跳びなどのリズム運動で充分です。

 

便を送ることを助けますし、筋力もアップしますし、ストレスも解消して良い事だらけです。

ぜひ習慣的にやりましょう。

寝不足

腸が一番活発に動くのは就寝中です。

腸を動かしているのは副交感神経で、副交感神経は眠っている時に一番活発に活動しています。

 

寝ている間に腸をしっかり動かして、翌朝スッキリするのが正しいリズムです。

忙しい現代社会では正しいリズムは難しいかもしれませんが、しっかりと寝てぜん動運動させておかないと便通がおかしくなるのは当たり前とも言えます。

不規則にならないように毎日同じ時間に布団に入り、調子が良かった時の睡眠時間をしっかり確保することです。

 

便秘は腸が発するSOS!

年末年始の忘年会、新年会、接待などの飲み会などが続くと、腸って本当に調子悪くなりますよね!

暴飲暴食、ストレスが続くと腸は「そろそろちゃんとしてよ~(泣)」とサインを出してきます。

そのサインというのが…

  • 便秘
  • 下痢
  • おならが臭い

なんです。

要するに、便秘を放置していると腸はどんどん疲労して悪循環に陥り、やがては健康被害に発展していきます。

 

便秘は悪玉菌を大量に発生させ、腸内を有毒のガスで満たします。

そのガスは腸壁を通り抜けて血管に乗り、全身を駆け巡ります。

血液に余計なものが混ざっていますのでドロドロ傾向になり、健康や美容に大ダメージを与えます。

ひどくなると、便秘の時のあの臭いガスが毛穴や口から漏れるようになり、体臭や口臭に繋がっていきます。

 

便秘があるということは、もうすでに腸は疲労しているということですから、早く解消していきましょう。

このままではきれいになるどころか、体の中から汚れてきますよ。

 

便秘のきっかけとなる腸の疲労を取る方法とは?

健康や美容の大敵となる腸の疲労を取る方法を紹介します!

生活習慣と合わせて、しっかりと取り組んでください。

嫌でしょ?吹き出物だらけの顔、乾燥した肌、痩せないたるんだ体…しかも体や口から臭う便臭…

スッキリ解消して体の中から美人になりましょう!

プチファスティング(断食)をする

1日3食、食べていますか?

食べるのは良いんです。

食べる量が少ないと便秘の元になるし、栄養素が不足して肌にもよくありません。

 

しかし、特にお腹も空いてないのに時間が来たから食べる…ということを続けると、胃腸が疲れて消化吸収が悪くなります。

規則正しいのはとても良いのですが、次の食事までにお腹が空かない量を食べるのは食べ過ぎです。

毎食の量を軽めにするか、月1くらいのペースでいいのでプチ断食をして胃腸を休ませましょう。

 

完全に食べない断食ではなく、1食をバナナ1本にしたり、りんごやヨーグルトで済ませるんです。

毎食を朝食並みの軽食にする感じです。

それを1日やってみます。

 

断食は体に悪い印象がありますが、働きすぎている胃腸を休ませるのは逆に体には良いことです。

断食明けには、いつもより腸が動いてスッキリできる可能性はありますよ。

 

しかしくれぐれも、1日を限度にしてください。

そんな少食をずっと続けると栄養不足になりますし、便になる素がないのでまた便秘に逆戻りします。

白湯を飲む習慣をつける

水分不足は便秘すると先ほどお話しましたが、水分が不足して固くなった便を押し出すような毎日では腸も弱ってきます。

水分を届けて、普通のぜん動運動ですべるようにしてあげます。

 

そのためには水分を最低でも1.5リットルは飲んでほしいのですが、飲む水分を「白湯」に変えると効果的です。

温かい飲み物は胃腸に優しいですし、白湯は水よりもお茶よりも、体内への吸収率が高いのです。

 

ご存知かと思いますが、飲んだ水分はそのまま腸に届くのではありません。

小腸で一旦吸収されて、体液となった後、各部位に送られるという仕組みになっています。

 

だから白湯の吸収率の高さは重要なんです。

ポットに飲みやすい温度のお湯をいつも用意して、トイレに行くたびにコップ1杯飲むようにしてください。

正常な尿の回数は1日7~8回なので、その度にコップ1杯200mlで、1日1.4~1.6リットルがクリアできます。

食物繊維はサラダだけじゃない!

食物繊維ってキャベツやレタスだけではありません。

「不溶性食物繊維」「水溶性食物繊維」って聞いたことありませんか?

 

不溶性食物繊維は消化することなく腸まで届いて、便に混ざってカサを増します。

水溶性食物繊維は消化されることはないですが、消化液が混ざるとドロドロのゲル状になります。

これが便に混ざると便が柔らかくなります。

 

不溶性食物繊維はキャベツやレタスなどの葉物に含まれていることが多いです。

水溶性食物繊維は海藻類がその代表となります。

不溶性、水溶性が混在している野菜もあります(ごぼうなど)。

 

便秘の方は、水溶性食物繊維を多めに摂ったほうが便が柔らかくなるのでおすすめです。

海藻、こんにゃく、きのこ、果物などです。

あまりサラダばかり食べると、便のカサは増しますが、柔らかくないので余計に詰まるなんてことも起こります。

規則正しく食べましょう!

毎食を食べすぎると、先ほど説明しましたように胃腸は弱ってきますので、次の食事までにお腹がグーグー言う適量を規則正しく食べましょう。

 

体は規則正しいのが大好きです。

自律神経の交感神経と副交感神経を大体同じ時間に動かしてあげると整ってくるのです。

 

胃腸の消化活動は副交感神経の担当です。

胃に食べ物を入れると副交感神経のスイッチが入って、腸も一緒に活動を始めます。

リズムを守れば守るほど切り替えもスムーズに行き、働きが最大限活かされるのです。

深呼吸やドローインをやってみる

深呼吸やドローイン(腹式呼吸)は、副交感神経を呼び起こす動作なんです。

副交感神経が働くと少し腸が動くので便秘に効果的です。

仕事などに集中していると交感神経が勝って呼吸が浅くなっていますので、意識して深呼吸してみるとちょっとしたストレス解消にもなります。

 

腹式呼吸も、意識が呼吸に集中するのがいいんです。

お腹で息をするのは意識をしないと出来ません。

息に集中するとストレスを逃すことにも繋がりますし、深呼吸にもなるので胃腸にはよい動作です。

どうしても出ない時は下剤を使ってでも出す

どうしても出ない時は、下剤を使ってでも出してください。

下剤の怖いお話もしましたし対策を始めたらもう使いたくないと思いますが、下剤にいくら依存性があると言っても便を溜めるほうが体に悪いので、下剤で3日おきくらいには出しておきましょう。

上記の対策をしっかり行えば、次第に便秘の不快感が縮小してきて、やがては気が付いたら下剤を使わずとも便秘が治っていたということが起こります。

 

まとめ

便秘は万病の元です。

本当に健康と美容への大ダメージですし、体もどんどん錆びていくでしょう。

 

下剤を漢方に変えると、少しは腸にも優しくておすすめです。

生漢煎防風通聖散は、下剤成分も入っていながら脂肪を燃焼する漢方サプリなので、こういうのを使って便秘を解消しながら痩せやすい体を作るのも効果的ですよ。

 

*便秘に効果絶大の防風通聖散の効果効能をチェックしよう!

必見!
防風通聖散の効果効能!効果を発揮する飲み方があります!

防風通聖散は、漢方の長い歴史の中でも古くから活用されている漢方薬です。 民間でも親しまれていますが、第2類医薬品に分類さ ...

続きを見る







よく読まれている記事

-便秘のお悩み

Copyright© 【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.