生漢煎防風通聖散(ボウフウツウショウサン)が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

肌の悩み

吹き出物の場所で体内の不調がわかる!肌荒れはやっぱり中からだった!

更新日:



いくつになっても吹き出物には悩まされ続けますよね...

私は中学生の頃、おでこに大量の吹き出物ができました。

今考えてもゾッとします...

けど思うと、何でおでこばかりにできていたのか不思議です。

 

その謎が解決しました。

実は吹き出物は、体の不調を表しているのです!

それではこれから、吹き出物をどのように見て行くか、どこが不調なのか、どうすれば吹き出物が解消されるのか見ていきましょう。

 

吹き出物ができる場所で体の不調がわかる?

先ほどお伝えしたように、私はおでこに大量の吹き出物ができていました。

あなたはどこに吹き出物ができていますか?

ぜひ鏡でチェックしながら見てみてくださいね。

額、眉の間

吹き出物の中でも額や眉の間にできたものは、呼吸器系が弱っている可能性があります。

最近咳がたくさん出たり、痰が絡んだりしている、なんてことはありませんか?

こめかみ・生え際

こめかみや生え際にできる吹き出物は、肝臓の機能が低下していたり、ストレスによる精神の不安定さを示している可能性があります。

鼻下・アゴ

吹き出物が、鼻下やアゴなどヒゲの生える範囲にできる場合は、ホルモンのバランスが崩れている可能性があります。

このホルモンのバランスは、過度なストレスや生活習慣が乱れていると崩れやすいため、普段の睡眠時間や食事の時間を振り返ってみましょう。

口周りの吹き出物・口内炎

吹き出物が口周りに出たり、口内炎ができた場合は、胃腸が悲鳴を上げていると言えます。

アイスクリームやアイスドリンクなどの冷たいものの摂りすぎや、食べ飲みすぎで胃に負担がかかっている、なんて身に覚えはありませんか?

吹き出物や口内炎が長期間に渡って出ている場合は、近頃の生活を振り返ってみましょう。

 

このように、吹き出物の場所によってどこが悪いかがわかってしまうんです!

私の思春期は、額に多くの吹き出物ができていたので、呼吸器系が弱くなっていたんですね。

少し謎が溶けたような気がします。

みなさんはいかがだったでしょうか?

 

吹き出物の種類

吹き出物はよく顔や胸、背中など皮脂腺が集まっているところに集中するといった特徴があります。

 

また吹き出物は、年齢にも関係があります。

女性は12,3歳に吹き出物ができ始めると言われています。

その後17,8歳で吹き出物が活発になり、この頃にできる吹き出物は3,4年でなくなります。

 

男性は13,4歳から吹き出物ができ始めると言われおり、19~21歳で吹き出物が活発になります。

男性も同じく、思春期の吹き出物は3,4年でなくなると言われています。

 

その他に、大人ニキビと呼ばれる20代後半にできる吹き出物があります。

その後40,50、そして70代の方にも吹き出物ができたという事例があります。

このように様々な年代に吹き出物が見られますが、吹き出物には一体どのような種類があるのでしょうか。

閉鎖面疱(白ニキビ)

白色面疱とも呼ばれ、皮脂や老廃物が詰まったものを白ニキビと呼びます。

白っぽく、突起のように現れます。

開放面疱(黒ニキビ)

メラニンは元々皮膚の内にありますが、それが表に出てきて黒く見えるものを黒ニキビと呼びます。

炎症性面疱(赤ニキビ)

吹き出物が悪化した状態のもの。

一般的に白ニキビが炎症を起こしている状態であることを指します。

触ると痛みを感じることがあります。

膿疱性面疱(黄ニキビ)

黄色い膿が溜まったものが黄ニキビと呼ばれています。

吹き出物の炎症がさらにひどくなり、化膿している証拠です。

紫ニキビ

吹き出物が内出血を起こしていたり、赤ニキビが長期間続き色素沈着する途中で紫色に見えるものを紫ニキビと言います。

 

吹き出物に似た症状

吹き出物かな?と思ったものの中には、吹き出物とは異なるものがあるかもしれません。

いつもの吹き出物とちょっと様子が違うように感じたらチェックしてみましょう。

口唇ヘルペス

水ぶくれが口周りにできる。

頭皮湿疹

かゆみが強かったり、カサブタになったりすることが多く、季節で繰り返すことがある。

赤身のある皮疹ができ、頭皮に見られる。

水ぼうそう

水痘というウイルスで起こる感染症の1つ。水疱の他に発疹ができる。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

古い角質層が毛穴を塞ぎ、小さな発疹が広い範囲に現れる。

背中や二の腕、足に見られることが多い。

毛のう炎

感染症の1つで、毛包に菌が入り、炎症が起きている状態。頭皮にもできることがある。

マラセチア毛包炎

毛包の中でマラセチア菌が増えたもの。

粉瘤(ふんりゅう)

顔や首に見られる良性の腫瘍。押すと悪臭を発する物質が現れることがある。

慢性膿皮症

頭やお尻に現れる、細菌が感染したことで起こる病気。

 

吹き出物は場所だけじゃなく「色」も関係していた!

吹き出物は、場所だけでなく色でも体の調子を見ることができます。

それでは色別に、どのような状態であるか見ていきましょう。

白ニキビ

ついつい潰したくなってしまう白ニキビ。

これは粘膜の防御機能が下がっており、免疫力が低下している傾向にあることがわかります。

赤ニキビ

吹き出物が赤い場合は熱がこもる状態にあります。

デトックス作用のあるどくだみ茶などを飲むことをおすすめします。

黄ニキビ

黄ニキビは、便や血が行き詰まっている可能性があります。

便秘であったり、血液がどろどろである場合があるかもしれません。

紫ニキビ

紫のような暗めの色の吹き出物は、血流の状態が良くなく、体調不良の中でも痛みが出る体の不調がある場合も。

 

吹き出物ってこんな見方があったんだと新しい発見になった方も多いのではないでしょうか?

このように、吹き出物は場所だけでなく色でも体調を見る指標になり得るので、そういった観点でも日頃から見てみてくださいね。

 

実際に吹き出物ってどうしてできるの?

とにかく厄介な吹き出物。

気をつけているはずなのに、それでもできたりしますよね...

結局吹き出物ってどうやってできているんだろう?と疑問を持つ方も多いと思います。

 

そこで、吹き出物の仕組みと原因を見ていきましょう!

吹き出物ができる仕組みとは

皮脂が毛穴を詰まらせてしまうことが、過剰に皮脂が分泌されることで起きてしまいます。

詰まってしまった状態になっていると、皮脂腺に皮脂が溜まり、そこにアクネ菌が増えて炎症が起きます。

 

また、吹き出物は皮脂線が多いところにできます。

そのため顔以外にも、胸や背中にも吹き出物はできやすいと言われています。

私は思春期のおでこにできた吹き出物は治ったものの、背中にできた吹き出物に悩んでいます...

 

それに対し、皮脂腺のない足の裏や手の平には吹き出物はできません。

 

吹き出物に対してできることは?

厄介な吹き出物、できることなら今すぐにでも予防していきたいですよね。

では一体どのようなことを日常生活野中で気をつけていけばいいのでしょうか。

常に丁寧な洗顔を心がけよう

丁寧な洗顔は、肌の呼吸を妨げる汚れや化粧、皮脂や角質といった汚れを取り除くためにも必要となってきます。

 

だからといって洗顔をする回数を増やすことがいいとは言いかねません。

洗いすぎると、肌を健康にするための必要な水分や皮脂も洗い流してしまうからです。

そうすることによって、肌は乾燥してしまい、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の邪魔をしてしまうようになります。

 

また、洗顔をするときは摩擦を避けることが重要です。

手と肌がごしごしと触れ合ってしまうと摩擦が起き、吹き出物の炎症を悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。

保湿をしよう

スキンケアの中でも、吹き出物にアプローチをする商品があります。

それらは殺菌の効果を持っていたり、炎症を抑えたりする効果を持っているため、そういったものを使って予防ができるといいですね。

 

また洗顔の後は必ず保湿をしましょう。

アクネ菌を減らして、毛穴を引き締めることができる化粧水や乳液を使用することがおすすめです。

皮脂量が多いからといって、化粧水や乳液を控えることは避けましょう。

食生活を整えよう

肌の汚れや角質が増えることを予防するためにも、食生活は肝心です。

特に新陳代謝を高める食生活を心がけましょう。

 

その中で重要となる栄養素が、ビタミンB2、B6です。

この2つについての説明と、どういった食材に含まれるかをご紹介します。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は、皮脂の分泌量を保ってくれる働きをしています。

B2を多く含む食品は、緑黄色野菜、セロリ、海苔、納豆、チーズ、粉乳、米ぬか、小麦胚芽が挙げられます。

ビタミンB6

B6もB2と同様に、分泌量を保つ働きを持っています。

多く含む食材は、キャベツ、卵黄、魚、牛乳、レバー、米ぬか、小麦胚芽が挙げられます。

 

このように、普段の食卓にも取り入れやすい食べ物がたくさんありますね。

夜のおかずに一品、プラスするだけでも変わってくるかもしれません。

私も早速、納豆をおかずの一品としてプラスしてみます!

規則正しく生活することを心がけよう

規則正しく生活することは、吹き出物だけでなく体を健康な状態にしておくために必要です。

 

また新しい肌は、夜眠っている間に作られるのでしっかり睡眠を取ることが重要です。

そして体調を崩してしまう程のストレスがかかっていることも避けなければなりません。

やはり規則正しい生活とストレスが少ない生活を送ることが大切です。

 

吹き出物ができてしまった...

気をつけていても、どうしてもできてしまうときはできてしまう吹き出物。

そこで少しでも吹き出物に負担をかけないようにするべく、対応策をご紹介していきます。

洗顔は丁寧に行う

洗顔で1番やりがちなことが、しっかり汚れを落とそうと「ゴシゴシ洗う」こと。

これは肌に負担をかけてしますため逆効果です。

吹き出物の予防のときと同じように、手と肌の間に摩擦が起きてしまうからです。

 

洗い方としては、手で肌をこするのではなく、肌に手が触れない程度の強さで泡を肌につけるようにしていきましょう。

そして泡で洗ったあとはしっかりと洗顔料を洗い流しましょう。

 

洗顔の前にホットタオルを使って、毛穴を開いた状態で洗顔をすると、さらに効果が現れるのでおすすめですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

治療をする

吹き出物は肌に炎症が起きている状態。

そのため自分で治す方法だけでなく、お薬を購入して使用することも時には必要になります。

 

また、吹き出物があまりにもひどくなる場合は専門家に見てもらい、しっかりと治していくことも必要です。

 

吹き出物は隠しちゃダメ!

吹き出物はどうしても隠したくなりますよね...

特に顔だと髪の毛で隠したり、厚めにお化粧をしたり...

 

しかしそれは、吹き出物にとってはかなりの刺激になってしまいます。

特に思春期、前髪で吹き出物を隠したくなりますよね...私も経験があります...

ただ、できる限り早く治したい場合は、隠したい気持ちは抑えて、刺激になるものが吹き出物に当たらないように気をつけましょう。

 

吹き出物に関する疑問を解決!

ここまで予防法や改善策を見てきましたが、他にも「これはどうなの?」と疑問を持っている方もいらっしゃると思います。

そんな疑問を、ここでいくつか紹介しておきたいと思います。

体質的に吹き出物ができやすいことってあるの?

オイリー肌の人の方が吹き出物が出やすいと思われていることが多いですが、実は乾燥している部分にできやすいと言われています。

そのため、乾燥部分には特に保湿ケアが大切になってきます。

チョコレートを食べると吹き出物ができやすい?

チョコレートなど糖分の高いものを食べすぎると、吹き出物ができやすいといった話を聞いたことはありませんか?

このチョコレートと吹き出物の関連性は特に報告されておらず、糖分の多いものを食べることを避けるよりも、食生活のバランスを取ることを心がけましょう。

吹き出物って他の人にうつることあるの...?

吹き出物の原因のアクネ菌は、皮膚に常に存在するものなので、感染することはありません。

小学生でもニキビはできるの?

女性は12,3歳頃から、男性は13,4歳から吹き出物が見られ始めるとお伝えしましたが、8,9歳の男女にも微小面疱(吹き出物の出来始め)が見られるといったことがあります。

 

まとめ

吹き出物について、いかがでしたか?

できる前の予防と、できた後の対策、どちらも似ているものがあるのでぜひ今日から心がけてみてくださいね。

それでは吹き出物対策をして、きれいなお肌を目指しましょう!

 

*吹き出物などの肌荒れにも効果絶大の防風通聖散の効果効能をチェックしよう!

必見!
防風通聖散の効果効能!効果を発揮する飲み方があります!

防風通聖散は、漢方の長い歴史の中でも古くから活用されている漢方薬です。 民間でも親しまれていますが、第2類医薬品に分類さ ...

続きを見る







よく読まれている記事

-肌の悩み

Copyright© 【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.