生漢煎防風通聖散(ボウフウツウショウサン)が効果があったのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

産後ダイエットの悩み

産後ダイエットはいつから始めたらいい?最適な産褥体操や骨盤体操教えます!

更新日:



出産を経験したママさんの中で、体重が増えたことに悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

痩せなきゃと焦っているママさんの多いと思います。

今回はそんなママさんのために産後ダイエットについていろいろ紹介していきますので、是非参考にしてみてください!

 

産後ダイエットはいつから始めたら痩せやすい?

産後ダイエットはいつからできるのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

今回は妊娠中に増えてしまった体重をなんとかして落としたい、いつからダイエットに取り組めるかなど考えているママさんに役立つ方法を紹介していきます。

産後のダイエット効果の高い時期とは?

一般的には産後から6か月が一番痩せやすいといわれています。

人によっては授乳しているだけで勝手に体重が落ちていくという人も多いそうですよ。

体調面でも産後の体重には大きくかかわってくるのですが、ストレッチなどでも十分に痩せることができます。

 

しかし、痩せなきゃと思い、6か月以内に無理をして産後ダイエットを始めてしまう方も多いです。

6か月以内というのはあくまで一般論であるので、6か月を過ぎたら必ずしも痩せることはできないというわけではありません。

10か月かけて増えてしまった体重なので、元に戻すのも時間がかかるかもしれません。

 

6か月を過ぎても良いので、無理をせず自分が行える範囲でダイエットに取り組んでいきましょう。

焦ってダイエットに取り組んでも体に負担をかけてしまうだけですよ!

運動はいつから開始できるのか

産後は体の戻りを気にして、動くことを控えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、身体を動かすということは逆に体の回復を促してくれる効果があるんです。

ですので、適度な運動は効果的だといえますよ。

 

では、いつから運動をすることができるのでしょうか?

産後の個人差はありますが、産後1か月はしっかりと体を休めるようにしましょう。

産後2~3月ほどから徐々に動き始めていくと良いと思われますが、身体戻りには先ほども言った通り個人差があります。

自分の体としっかり相談して、身体を動かすようにしましょう。

 

ここで注意点なのが、授乳中の運動はNGだということです。

この時期だけは体に負担がかかり、赤ちゃんにも影響が出るかもしれないので避けてくださいね。

 

初めは産褥体操から始めると良いでしょう。

この体操は産後から時間がそんなに立っていなくても軽くできる体操なので、運動のし始めには最適ですよ。

徐々に体を慣らしていって、ヨガやウォーキング、ピラティスなどを始めていくことをおすすめします。

 

産褥体操とは何なのか?

みなさん、「産褥体操」というものはご存知でしたでしょうか?

産後早い時期での手軽にできる体操のことです。

体が妊娠する前の状態に戻っていく時期を「産褥期」と呼ぶんです。

この体操は体にたくさんのメリットをもたらしてくれるので、とてもおすすめです。

体を横にしてもできる手軽な体操なので、激しい運動な無理だと思っている人も安心してすることができますよ。

それでは「産褥体操」について説明していきます。

産褥体操の目的や効果は?

この体操の1番の目的は、血行を促すことや体を回復させることです。

血行を良くすることで、身体の疲労を回復させたり、子宮回復だったり、さらには母乳の分泌までも良くしてくれるのです。

ダイエットを目的とするのではなく、身体を元に戻すための準備体操とも呼べるでしょうか。

 

妊娠と出産をすることで、ママさんの体にもとても大きな負担がかかってしまいます。

産褥期には少しずつ体を回復させることができますが、さらに産褥体操を行うことでより体の疲労を取ることができるのです。

産後は左右の腹筋が伸びてしまっていたり、赤ちゃんが通るので尿道や膣の筋肉が緩んでしまいます。

 

実は何もしなくても徐々に元に戻っていくのですが、ここで産褥体操を行なえば筋肉を引き締めることができます。

産褥体操は体調の改善を促すことができますが、ダイエットの劇的な効果は出ません。

 

しかし、血行を良くして代謝を上げておくことで、後の産後ダイエットにつなげることができます。

まずは体を回復させるために、あせらずゆっくり産褥体操を取り入れてみてください。

産褥体操はいつから始められるのか?

実は産褥体操は出産当日などいつから始めても問題はありません。

なぜなら体にかかる負担がとても少ないからです。

分娩後は元の体に戻そうと、身体の回復力が上がるのでむしろ早く始めたほうが良いかもしれませんね。

 

「産褥期」と呼ばれる時期は個人差がありますが、出産後6週目まで、遅い人で産後8週目までと言われています。

産後はできるだけ早く産褥体操を始めて、この産褥期は継続して続けることをおすすめします。

そうすることでより早く体の回復を感じることができます。

 

しかし、例外もあります。

それは帝王切開で出産した人です。

帝王切開をした人は自分の判断で体操を始めるのではなく、いつから始めても良いのかしっかりと担当の医師に確認するようにしてください。

 

そして、産後すぐに始められるこの産褥体操ですが無理はいけません。

自分の体と相談しながら、体調が悪いときは避けるようにしてください。

無理に体操をしてしまっても悪影響を及ぼすだけなので、あくまでも体を休めることが大前提です。

 

体調が悪いときは、身体を休めて回復を図ることが1番大切ですよ。

 

産褥体操のやり方を紹介!時期によって方法は変わるのか?

体操を始める3日目くらいまでは、簡単に体を慣らす程度で抑えましょう。

ゆっくり体に慣れさせていってください。

 

母乳育児でダイエットできるのか?

出産を終えてからの悩みといえば、体重をどのようにして落とすかですよね?

しかし、授乳中に無理なカロリー制限であったり、食事療法をしてしまうと赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまいます。

 

そこで、健康的に体重を落とす方法をいくつか紹介していくので、是非参考にしてみてください。

 

授乳しているのに痩せない原因を調査!

この母乳ダイエットですが、すぐに体重が落ちる人とそうではない人に分かれます。

一体この違いは何なのでしょうか?

母乳ダイエットがうまくいかないと悩んでいる人も、しっかり以下について確認してみてください。

過食

授乳中は赤ちゃんのためにもしっかりと栄養を摂らなければいけません。

母乳中は、おなかがすきやすい状態になりやすく必要以上に食べてしまう時期なんです。

 

また、慣れない育児でストレスが溜まってしまい過食に陥ってしまう人もいるそうです。

せっかく母乳をやることでエネルギーを消費していても、そのエネルギー以上に食べてしまえば元も子もありません。

成功するものも成功しなくなってしまいますよ。

 

ここで何より大事なのは、授乳中時の食事は量よりも質を心がけることがポイントだということです。

カロリーが高い物ばかり食べても、栄養は十分には摂れません。

赤ちゃんの健康を守るためにも、自信の健康的なダイエットのためにも、バランスの整った食事を摂るようにしましょう。

運動不足による身体のなまり

妊娠中から出産直後は安静にしている時間が多いです。

そのため、身体を動かすことがないので筋肉量が著しく低下してしまいます。

基礎代謝も落ちてしまい、同じカロリー摂取量でも体重の落ち具合は全く異なってきます。

 

食生活だけではなく、適度に体を動かすことを取り入れることもおすすめします。

ゆがんだ骨盤

母乳ダイエットが成功しない原因として、骨盤のゆがみも挙げられます。

妊娠や出産を経験することで、骨盤が広がってしまいゆがみが生じてしまいます。

それを放置しておくと、骨盤周りに脂肪がついてしまい痩せにくい体質になってしまうのです。

 

骨盤を強制するグッズや、ストレッチなどで骨盤を正しい位置に戻すことが、母乳ダイエットを成功させるためのポイントの1つです。

 

4つの方法で母乳ダイエットを成功させよう

ではここで、母乳ダイエットを成功させるためのポイントを4つ紹介していきます。

無理に母乳ダイエットをするのではなく、以下を参考に健康的に体重を落としていきましょう。

食事は和食中心に

まず1つ目はバランスの良い食事をとることです。

一汁三菜、栄養の摂れた食事をしっかり食べることで、身体の状態も良くなっていきます。

間食を控える効果もあるので、母乳ダイエットも成功しやすくなります。

 

そしてもう一つポイントなのは、和食を食べることです。

和食は栄養価が高く、低カロリーなので、同じ3食でも全然違ってきます。

 

また、食物繊維を多く取ることで代謝が上がり、ダイエット効果が高まりますよ。

 

3食といってもカロリーの高い物ばかり食べ続けていると、乳腺が詰まる原因となってしまいます。

もし、甘いものが食べたくなったら洋菓子ではなく和菓子を食べるようにしましょう。

ただし、餅の入った和菓子はカロリーが高いので要注意です。

低カロリーの飲料を飲もう

母乳中は体の中で水分が多く使われているので、非常にのどが渇きます。

こまめに水分を取ることが大切になるのですが、ここで気を付けなければいけないことは砂糖を多く含んだジュースなどを控えることです。

授乳中はお水、麦茶、ルイボスティーなど低カロリーなものを選びましょう。

 

また、アルコールやカフェインの含んだ飲料は避けてくださいね。

骨盤矯正運動

広がった骨盤を強制することで、ダイエットに大きなメリットをもたらしてくれます。

骨盤を正しく戻すことで、下腹の解消であったり下半身太りを防ぐことができます。

 

毎日骨盤矯正するのがつらいという人には、骨盤矯正ベルトなどのグッズを使用するのもおすすめです。

腰痛や冷え性の予防にもなるので、通常時にもおすすめです。

適度な運動を取り入れよう

そして忘れるといけないのは、適度な運動です。

そんな激しい運動はする必要がなく、基礎代謝を上げることを目的に体を動かしていきましょう。

ウォーキングなども軽い運動で十分です。

 

赤ちゃんが外に出られるようになったら、気分転換も含めて散歩しに行くと良いでしょう。

家にいるときは産褥体操やストレッチで体を癒してあげてください。

 

出産に向けて女性のゆるんでしまう骨盤

女性の骨盤にはある特徴があります。

女性の骨盤にはリラキシンというホルモンが分泌されるようになっています。

妊娠時に出てくるホルモンなのですが、これは赤ちゃんのために大切なものなのです。

 

産後は病院によっては、骨盤の調整をしてくれるところもあるので、確認しておくと良いでしょう。

退院後には整体にいって、骨盤を調整してもらうのも1つの手です。

 

また、骨盤矯正グッズを試すのも良いですね。

“寝ながら”体操なら産後すぐにでもできる!

寝ながら体操を紹介します。

くれぐれも無理のないようにお願いします。

痛みがある時は体操はやめて、医師に相談しましょう。

骨盤矯正ベルトやガードルはいつまで使うのがいい?

骨盤ベルトやガードルを適度に使用するのは良いのですが、頼りすぎてしまうのはよくありません。

確かに、骨盤江尾正しい位置に戻してくれますし、体制が安定して歩行の際のサポートもしてくれます。

 

しかし、あまりにもこれらの道具に頼りすぎてしまうと自分で筋肉を鍛える力が衰えてしまいます

矯正グッズを外した瞬間に、身体のいたるところがたるんでしまうこともあるかもしれません。

そうなってしまうと、矯正グッズが手放せない体になってしまうのです。

 

また、骨盤ベルトなどは骨盤を正しい位置に戻そうと骨盤を占める形で骨盤サポートをしてくれる万能グッズです。

 

しかし、骨盤をずっと締めすぎてしまうと血流が悪くなり、冷え性の原因になってしまう可能性があります。

人間は本来自分のコルセットを持っているそうです。

自信のコルセットを鍛えるためにも、道具に頼りすぎるのはよくありません。

産後1か月程度は頼っても良いとは思いますが、少しずつベルトをする回数を減らしていくことが大切です。

 

紹介した体操などを継続して、自分で骨盤を鍛えられるような体づくりをしていくことが産後ダイエットへの近道です。

痛みを感じる場合は?

出産の時には、赤ちゃんは母親の尾骨を利用し、尾骨をてこのように使って出てきます。

この瞬間に尾骨は赤ちゃんに押されて上に上がることになります。

産後しばらくはこの状態が続いてしまうので、痛みが出てしまう場合があるのです。

 

痛みが出てきたときは、身体の仕組みなどをしっかり理解している整体師に頼ると良いかもしれません。

自分で勝手に解決してしまうと、より悪化してしまう危険があるので、気を付けておきましょう。

出産後は可能な限り早く、相談することをお勧めします。

 

自宅に出張に来てくれる整体師もいるので、そちらで頼むのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

「出産後いつから産褥体操ができるのか」や、母乳ダイエットの方法などを紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

糖分を控えることはダイエットの効果があるだけではなく、生活習慣病などのあらゆる病気の予防をすることができます。

 

また、糖分は筋肉を締める力も弱めてしまうので、ほどほどにしておいてくださいね。

産後1か月は体を無理に動かさず、ゆっくり休みましょう。

 

そして栄養の整った食事を心がけ、適度な運動やストレッチを取り入れながら体の回復を図りましょう。

ただし、痛みなど体の不調が出てきた場合はすぐに医者に診てもらいましょう。

無理はせず、産後ダイエットに励んでくださいね!

 

*産後ダイエットに最適な防風通聖散の効果効能をチェックしよう!

必見!
防風通聖散の効果効能!効果を発揮する飲み方があります!

防風通聖散は、漢方の長い歴史の中でも古くから活用されている漢方薬です。 民間でも親しまれていますが、第2類医薬品に分類さ ...

続きを見る







よく読まれている記事

-産後ダイエットの悩み

Copyright© 【詐欺!】生漢煎防風通聖散が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.